BLOG

用紙

不動産広告

2021.11.09

不動産チラシの用紙はこうして選ぶ オススメ3選

こんにちは、島田です。
最近Apple watchをお買い上げ(半分衝動買い)。
この時計のフィットネス機能?に促されるまま、会社帰りに一駅歩く(徒歩20分以上+駅のホームから外に出るまでの鬼のような段数&勾配の階段を昇るので死にそう)事が日課になっています(時々オール徒歩で帰りますw)。
ちなみに隣の駅から自宅まで約2.2km程あるんですが、距離を見て「徒歩28分か…」と頭で分数を計算しちゃうのは最早職業病でしょうか(笑)。
(参考:2200m÷80=27.5。繰り上げて28分)
どうして27分じゃないのかは過去記事をご参照ください。

【過去記事】不動産広告Q&A【徒歩○分?編】

今回は距離の話ではなく、不動産チラシの紙のお話を。
今ご覧の会社様はチラシを印刷する時、用紙について悩まれた事はございますか?
チラシに使われている紙の種類は全て同じものではありません。
不動産のチラシにおいては、使う紙でイメージも変わってきます。

目次

用紙の種類のご紹介

不動産に限らず、折込チラシなどに使われる印刷用の用紙は主に3種類使われています。
その特徴などをご紹介します。

コート紙

一番よく見かけるのがこの用紙。ツルツルとした光沢が特徴で、これはコート剤などが塗布、圧力をかけてコーティングをされるからです。
マットや上質より安価なため、チラシの他、ポスターや雑誌(ファッション誌や通販カタログなど)など商業用印刷物の本文用紙でもよく使われています。
印刷の色がしっかり乗って視認性も高い用紙です。
またインクの乾きが他2種よりも早い特徴もあります。
建築写真などで空などの鮮やかさを活かしたい時に使うのが一番適した用紙です。
夜間写真も綺麗に写ります。
コート58kg
↑コート58kg。夜空とマンション照明のコントラストが綺麗です。

マット紙

こちらもチラシではお馴染みです。
薬剤が塗られているのはコート紙と同じですが、艶消しのコーティングがされています。
こちらの手触りはしっとり。コート紙より落ち着いた印象の紙です。
コートよりはやや色が沈む場合もありますがこちらも視認性は高く、光の反射もコートより抑えられます。
艶消しは高級感を醸し出す効果もあり、高級物件のチラシにオススメの用紙です。
夜間のリビングの写真を使えば落ち着いた大人の空間を印象付けることも出来ます。
マット67.5kg
↑マット67.5kg。高級住宅街エリアのチラシでした。

上質紙

上質紙はノートなどに使われる紙で、コピー用紙に近い紙です(厳密には違いますが)。
コート紙・マット紙はこの紙に薬剤を塗って圧力をかけてコーティングしたものです。
コーティングがないため、実はマットより光の反射がなく、手触りもサラサラしています。
ノートに使われる紙ということもあり、筆記用途もあるならこの紙が一番適しています。
(マットも筆記用途として○)
色がマットと同様やや色が沈んだりインクの乾きがコートよりも時間がかかります。
上質紙
↑上質紙。文字がメインの売却物件募集チラシです。蛍光灯の反射が全くなし!

用紙の厚さについて

用紙の厚さの表記にはいろいろありますが、一般的にはkgを使います。
厚みの話なのに何故「mm」ではなく「kg」という重さの単位を使うのか。
用紙それぞれの原紙(四六判や菊判など)の大きさ1,000枚を測った重さで決めているからです。
ではチラシでは一般的にどのくらいの厚みのものが使われているのでしょう。

メジャーは58〜70kg

チラシは主に58kg〜70kgが多い印象があります。
コート紙は58kg、マットは67.5kgという厚みがあり、この辺りを主に使います。
コート紙については58kgより薄い53kgもありますが、厚みがないため裏写りが激しい紙です。
両面印刷で片方には写真などがいっぱい、裏面は白いスペースが多いといったデザインのチラシには不向きです。

90kg用紙の使い方

時折90kgの用紙も使うことがあります。
厚み・コシも一般的チラシよりしっかりしており、コートも58kgより高級感が出ます。
一般のチラシ用紙より高価となるため汎用的ではありませんが、これが活きる使い方があります。

アンケートハガキチラシ
それが上記のようなアンケートチラシです。チラシを切り離し、一部をハガキと使用します。
(写真のチラシに使用した紙はマット90kg。今までご紹介したチラシは全て当社制作)
ハガキの重さは2g以上と郵便局で定められているので、薄い紙では重さが足りずに使えない場合も。

参考サイト:日本郵便 第二種郵便 はがき

アンケートチラシでは90kg〜110kgをオススメします。
(但し、110kgは厚紙扱いになる場合もありますのでご注意ください)

まとめ

・写真の色を鮮やかに見せたい。少しでも安価に→コート紙
・落ち着いた印象のチラシを作りたい、高級感が欲しい→マット紙
・写真は少なめ。筆記に使います→上質紙

このように用紙一つとっても特徴・用途がはっきりしています。
チラシを作成する際はデザインや写真も大事ですが、用紙にも少し拘ってみるものいかがでしょう。

アドコミではチラシデザインから、印刷・折込や宅配までワンストップでの対応が可能です。
ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから!

Twitter・Facebookでもブログ更新情報+αを配信 中!フォローお願いします!
Follow @ad_comi

インスタもやってます。こちらもぜひ!
Instagram

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。