BLOG

広告

2019.06.04

広告にイラストを使用する事のメリット3つ

はじめまして。広告デザイン・制作の中井と申します
以前WEBデザイナー阪田の
こちらの記事で、フレッシュメンバーと紹介していただきました。

前職はフリーランスのグラフィックデザイナーをしていました。
アド・コミュニケーションズの皆様に暖かくお迎えいただいて
半年が経とうとしていますが、未経験の業界で未だ勉強の毎日です。
不慣れな部分が多々ありますが、暖かい目で見ていただけると嬉しいです。

前置きが長くなってしまいましたが、本題へ…

イラストをデザインという仕事で活かしていくということ

フリーランスでお仕事をしている中で様々なデザインに携わる機会があったのですが、
一番クライアント様に喜んでいただけていたのは、イラストを使用したデザインだったように思います。
そして、アド・コミュニケーションズに入社した現在、
不動産広告における、イラストの一番の強みは何だろうか?と考えると、
ざっくり3つの役割に分ける事ができました。

1:「現実に存在しないものを、イラストを通して受け取り側に想像させる

不動産広告に関わるものなら、

・イメージパース
・図解イラスト

などでしょうか。

現実にはない部分を表現できたり、
イラストを通して受け取り側に想像させることによって
本来のイメージを底上げできる事がイラストの強みです。

2:「補足としての使用」

文章を補足したり、文章だけでは読み飛ばされる内容も
イラストが入る事によって内容を補充できたり、
読み手側の目を引かせる役割もあります。

3:「企業のPR」

「企業」としてのイメージをイラストで表現する事により、
受け取り側に強い印象を残す事ができます。

・写真をデフォルメしたイラスト(似顔絵など)
・会社のイメージキャラクター
・LINEスタンプやLINE絵文字

などです。

上記イラストはアド・コミュニケーションズの代表、中原の写真をイラスト化したものです。
イラスト化する事によって写実的な写真より親しみやすく、覚えやすい印象になりませんか?

最後に

アド・コミュニケーションズに入社している現在、
デザインの他にイラストを使用したマップや、似顔絵、
風景のイメージパースの作成などを任せていただいているのですが、
イラストには他にもこんな使い方があったのか!と今でも驚かされます。

会社のイメージアップや、紙面、ウェブでの表現にマンネリを感じている方は、ぜひ一度ご相談ください!

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。