BLOG

広告

2020.10.16

不動産業界のドローン活用

こんにちは。制作の延味です。

ソーシャルディスタンスのために活用できる、と改めて注目されたドローン。
物にもよりますが、特別な免許等は必要なく誰でも楽しむことができます。

安易に人が入れない場所の撮影や、イベントの撮影等に使われることが多いですが
不動産業界でもドローンは多々活躍しています。

だいぶ昔にも
ドローンによる航空写真のメリット

という記事があったのですが、改めておさらいを兼ねて。。。

ドローンで撮影できる不動産とは?

不動産広告でよくある写真といえば
「外観」や「眺望」かと思います。

普通にカメラマンが撮影すると、どうしても人の高さに限界があります。
ドローンを活用すれば、2階くらいの高さから俯瞰して撮影することができます。
また、マンション等であれば窓からの眺望写真も撮影することができます。

撮影した写真の活用方法

また、周辺環境の撮影としても使えるのがドローン。
よく航空写真としてとても高いところから撮影したものがありますが、
ヘリコプター等からの撮影では高すぎて建物等も小さく写るため、
実際に周りにはなにがあるのかわからない場合もあります。

そんなとき、ドローンで撮影する高さだと
現地も大きくわかりやすく、近くに公園や買い物施設を見つけたり
実際の道路の幅などがわかりやすく確認できます。

実際にドローンで撮影した写真に
主要な道路や現地に印をつけたものがこちら。

広告で使用する際は各施設の名称も記載するので
どこになにがあるのかひと目で分かります!
実際に歩く・動く範囲内にあるものが分かるので
そこに住んだらどんな生活を送れるのか
考えるきっかけになるかと思います。

ドローン撮影もアドコミにお任せ

ドローンの撮影には様々な規制はあるものの、
日々進歩を遂げています。

ほかにも過去にはドローンを使用して
サッカーの試合を撮影したりしています。
気になる方はぜひ過去記事のFCティアモ枚方動画撮影をご覧ください!

コロナ禍で大掛かりな空撮ができないなか
アドコミではドローンを使って広告の可能性が広がっています。
いままでと違ったかたちでアプローチしたい!と思っているかたは
ぜひアドコミにご相談ください(^^)

Twitter・Facebookでもブログ更新情報+αを配信中!フォローお願いします!

インスタもやってます。こちらもぜひ!
Instagram

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。