BLOG

不動産広告

2019.06.14

アドコミのWEB校正ちょっとだけお見せします

広告プロモーション事業部・アシスタントの島田です。
今回のエントリーは久しぶりに校正についてのお話を。

アドコミでの校正スタッフは2019年6月現在、私を含めて二人おります。
チラシのみならず、パンフレットや看板など色々なデザインをチェックしています。
最近ではWEBの仕事も増え、HPやバナーの校正もWEBスタッフから依頼を受けます。
それにあたり、WEB校正について社内で講義がありましたので、それに参加しました。
今回はWEBの校正って何するの?ってお話を。

 

WEB校正(チェック)内容はこんな感じ!

まず前置きしたいのは、WEB校正なんてツール(Ennoなど)使えば余裕じゃね?と思われる方もいらっしゃると思います。ですがアドコミの場合、大事なのはそこだけじゃありません。
誤字脱字チェックも大事なのは間違いないのですが、不動産広告の場合それでは足りない。例えば公取に違反した文言か否かなんて、ツールじゃ調べられませんよね。

参考:校正と校閲 不動産広告の場合

 

↑上記は校正ツール「Enno」で「陽当り抜群」の文言をエラーチェックした結果画面。不動産公取ではNGワード扱いとなっている「抜群」ですが、文章としては何らおかしくないので、赤丸で囲ったとおり「エラーは見つかりませんでした」とすんなりOKになってしまいます。

その他にもチェック要素は諸々あります。
例えば新しい分譲地のサイトを新設する場合、またはサイトリニューアルの場合。
基本チェックする要素は以下の通り。

1.同時制作のチラシがあれば、その内容に則しているか
2.チラシ以外の内容については、誤字脱字、画像のチェック
3.各コンテンツ(ページ)へのリンクのチェック、デザイン崩れのチェック
4.お問い合わせのメールフォームのテスト
5.SEOキーワードなどの確認

しかもこれをPC、スマホ共にチェックします(場合によってはタブレットも)。最早ゲームデバッガーのようです。
この一連の流れを一度にお話しするととても長くなってしまいそうです。という事で、今回は1と2はそのまんまの内容の為省略。
3のお話をチラッとさせて頂きます。

 

ちょっとだけお見せします。これがアドコミのWEB校正!

チェック要素の1または2については、WEBデザインを作った時点で、文字チェックとしてプリントしたものを、デザイナーから受け取りチェックする事が大半です。
その後コーディングというWEBサイト用のプログラム用語に変換する作業を行い、仮URL(作業用のアドレス)にアップします。
このURLを受け取り、デザインが崩れていないか、リンクはちゃんと機能するか等をチェックしていきます。

例えばPCで見れば何の問題も無い赤丸のこの部分が、

スマホで見るとこんなんなってたりとか…orz

↑左右2分割\(^O^)/思わず画面が読み込み終わるまで待ってしまいましたよ!出る訳なかった!スクロールして漸く分かりました。

ちなみに、このサイト画像のPC版とスマホ版でデザインが違うのは、レスポンシブデザインを採用しているからです。
同じURLなのに、閲覧環境(スマホやPC)でデザインが変わるようになるデザインの事です。便利ですよ。

参考:検索結果順位に影響する!?WEBサイトのレスポンシブデザインとは

 

リロード(再読み込み)したけど、訂正直ってない!…その前に。

WEB校正あるある

よくお客様からお問い合わせ頂く内容です。
「訂正出来たと連絡貰って確認したけど、画面何も変わってないけど」

この言葉は私もたまにWEBディレクターに発する事があります。
その後のやり取りは以下。
「これ、キャッシュクリアしました?」
「…あ、そういえば…(してへんかったわ…)」

キャッシュクリア後、訂正出来てる事を確認。本当にWEBあるあるです。

 

キャッシュクリアとは

キャッシュというのはブラウザ(サイトを見るためのソフト・アプリの事)で保存されたHPの情報です。
ブラウザではデータを早く読み込むために一時的にHPの内容を保存するのです。この保存したデータをキャッシュと言います。
ユーザーがリロード(再読み込み)などをして同じアドレス(URL)を要求した場合は、その保存されたキャッシュを読み込む事が多く、その間に変更された細かい内容が反映されない事もあります。
なので、訂正内容が変わってないように見えてしまうのです。

キャッシュクリアはそのブラウザに保存されていた内容を消去し、新しい情報を読み込む事が出来るようになります。
PC、スマホなどで「最近ホームページの読み込みが遅くなったな」と思う事がありませんか?
それもキャッシュがブラウザに溜まり過ぎて、逆に重くなってしまうという事象かもしれません。
そんな時はキャッシュクリアする事により、読み込みが早くなる事もあります。
時々キャッシュクリアする事をお勧めします。
※但し、履歴やクッキー(ログイン記録など)も一緒に削除されますのでご注意下さい。ブックマークは消えません。
それでもダメだった場合は勿論お問い合わせ下さいね!

キャッシュクリア方法は以下(一例)

Chrome(PC)の場合

safari(PC)の場合

safari(iphone)の場合

androidの場合

 

キャッシュについての詳しい話はこちらもご参照下さい。

参考:株式会社ビジネスサービス ソリューション開発部様 ブラウザのキャッシュクリア方法

 

以上豆知識でした!

アドコミはWEBサイトアップ前にチェック作業を行っています。
チラシとWEBのメディアミックスによるチェックも対応していますので、是非お問い合わせ下さい。

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。