BLOG

ロゴマーク

2021.06.18

あのロゴに込められた意味とは?【ロゴ制作について】

こんにちは、制作の佐々です。

今回は、ロゴの制作についてお話ししたいと思います。
私がお話しするのは、会社のロゴについてです。
そもそもロゴって何のためにあるのか、どうやって作るのか、をお話しします。

過去に、モデルルームのロゴマーク・物件のロゴマークについての記事があるので、そちらもぜひご覧ください!
モデルハウスのロゴマークについて
物件ロゴマークについて

目次

そもそもロゴって何のためにあるの?

ロゴとは、一言で言うと、会社の顔です。
会社の理念・特徴等を視覚的に表した、人々にその会社を認識してもらうためのツールと言えます。

突然ですが、Amazonのロゴを思い出してみてください。
あの、黒文字と、口角の上がった口のようになっているオレンジの線のロゴです。
オレンジの線は、aからzを指す矢印になっていて、
“we offer anything from a to z”(なんでもご用意しています)という意味があるんです!
(「from a to z」は、直訳するとaからzまでですが、「全て、何から何まで」という意味があります)

「なんか顔になってるな〜」としか思ったことがなかったのですが、
笑っているように見える口で利用者の満足度と、矢印でなんでも揃っているという特徴を表したロゴなのです!
大学時代に、授業で教授からこの話を聞いたときは、感動しました、、、

インスピレーションはどこから?

制作をするにあたって、インスピレーションはどこから受けるのか!
ずばり、リサーチです。
リサーチは制作において、最初にして最も重要なプロセスだと考えています。
リサーチをしっかりして、デザインするにあたっての軸をつくっておかないと、
コンセプトが後でブレてくるからです。
これは、ロゴデザインだけでなく、どの分野のデザインにも共通して言えることです。

私がロゴ制作の際に、少なくとも明確にしておきたいと思うのは、
会社の理念、価値観、コンセプトといった、その企業の方向性、
(簡単に言うと、会社のWebサイトの「About Us」に書いてあるやつです)
さらに、事業内容、特徴、強みです。

そして、これらを“見える化”していきます。
どうすればそれらを視覚的に表現できるのかを考えつつ、
クライアントの要望などを加味して制作していきます。

ロゴ事例
こちらは、私が以前にデザインさせていただいた不動産会社様のロゴです。
「あなたに合った、住まいに出逢う。」というコンセプトから
クライアント様とそのお客様の繋がりをイメージしたロゴを作成しました。

ロゴ制作で意識していること

私は、ロゴ制作の際に、これらのことを意識しています。
・シンプル
・関連性がある
・流行にとらわれない
・認識しやすい
・融通がきく

シンプルなデザインを意識しているのは、
複雑なデザインだと伝わりにくく、小さく使う時に視認性を損なってしまうからです。
関連性があるというのは、当たり前ですね、、、
そして、会社は長く続くものなので、流行のデザインは避け、時代にとらわれないデザインを目指しています。
また、「会社の顔」になるものなので、ぱっと見での認識しやすさも大事です。
さらに、ロゴは様々な場所に使われるので、どんなサイズでも認識できるように、縦横比やシンプルさを意識しています。

一言でいうと、ロゴとしての「使いやすさ」を意識しています。

最後に

今回はロゴについてお話しましたが、アドコミはチラシからWebサイトの制作まで、
様々な分野の広告を取り扱っています。
プロモーションのことで何かお悩みの方は、ぜひ一度アドコミにお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから!

Twitter・Facebookでもブログ更新情報+αを配信中!フォローお願いします!


インスタもやってます。こちらもぜひ!
Instagram

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。