BLOG

WEB制作

2020.10.23

webサイトのページタイトルについて

こんにちは。webデザイナーの小川です。
今回からはwebサイトのページの中身について話を進めていきたいと思います。

まず初回はwebページを構成する中で最も重要と言っても過言ではないページタイトルについてです。

ページタイトルとは

ページタイトルは、webサイトの「看板」のようなもので、ユーザーと検索サービスに対して、ページ内容を端的に伝えるものです。

検索結果で表示され、ユーザーの判断材料になる、検索順位決定の重要な評価項目のひとつであり、ユーザビリティとSEO(検索エンジン最適化)の両面で、ページタイトルはとても重要です。

ブラウザ上部のタイトルバーに表示されたり、ブックマーク(ソーシャルブックマークも含めて)の表示名に使われるため、クチコミの広がりなどにもページタイトルが大きく影響します。

ページタイトルの基本的な付け方

上記の通りページの内容を端的にユーザー検索サービス端的に伝えるものですが、例えば「広告代理店」とだけタイトルをつけてもどこにあるどういった広告代理店なのかがユーザーには伝わりません。とはいえ、詳細に書きすぎると、表示される文字数を超えてしまい、
こちらもユーザーに伝わりづらくなるうえ、検索サービスの方で自動的に変更されてしまうケースがあります。ですので、基本的に文字数には制限はありませんが、SEOに最適なタイトルタグの文字数は、PC・スマホで切られることなく表示される全角28文字ほどとされています。(2020年10月23日時点)
ページタイトルが長すぎると、検索サービス側で勝手に変更されてしまい、意図しないタイトルが表示されることもあります。サイト内の全ページが同じタイトルになっている場合も同様に変更される可能性があります。

ホーム(トップページ)のページタイトル

ホーム(トップページ)には、ウェブサイト全体のページタイトルをつけます。サイト名とあわせ、サイトにとって重要になるキーワードを含めるのが一般的です。ホームのタイトルでは、そのサイト(会社、お店)にとって重要なキーワードを、なるべく最初のほうに含めることが大切です。ユーザーに対しても検索サービスに対しても、重要な言葉を先に伝えることには大きな意味があります。では、重要なキーワードにはどのようなものがあるでしょうか。会社名や店舗名はもちろん、所在地や商圏にあたる地域名、主力商品やサービス、こだわりや強みなどが考えられます。どのようにサイトを活かすのかという視点で、ページタイトルに含める言葉を選びましょう。

下層ページのタイトル

下層ページ(ホーム以外のページ)は、そのページの内容を表す固有のページタイトルをつけます。通常、「ページ名 | サイト名」や「ページ名 – カテゴリー名 – サイト名」と、パイプやハイフンで区切り、カテゴリー名やサイト名が出力されるようにします。
下層ページのタイトルにも、ユーザーが使うであろう検索語を想像し、きちんと含めることが大切です。交通アクセスを知るために「地図」や「マップ」ではなく「住所」という言葉を使うかもしれません。
不自然にならない程度に、言葉の「ゆれ」をタイトルにも反映こともおすすめです。ユーザーにとっても、ページタイトルから内容がいっそう具体的にイメージしやすくなるメリットがあります。

ブログ記事等のタイトル

ブログ記事は「遊び」の余地が大きいといえます。ブログは利用者とのカジュアルなコミュニケーションの場なので、タイトルでもこだわりや熱意を率直にアピールしましょう。
SNSなどでのクチコミを意識し、思わず他人に勧めたくなるような記事タイトルが好ましいです。

ページタイトルの変更について

サービス名の変更や自社ホームページのリニューアルなどでページタイトルを変更して、検索をしてみてもなかなかタイトル変更が検索結果に反映されないということもよくあることです。
これは検索サービス以前に読み込んだデータが残ったままになっているケースです。これはサイト運営側がコントロールできるものではないので、もどかしい気持ちもありますが反映までには数日から一週間ほどかかると考えておきましょう。
タイトルの変更をなるべく早く検索結果に反映させたいときは、Google Search Consoleを利用し、インデックス登録を促す方法があります。これはGoogleに対し「ページを作成・更新したから見にきてしてくださいね」という申請を行うことを指します。
しかし、クロール申請を行ったからと言ってすぐに反映されるとは限りませんのでやはり待つしかありません。
また、ページタイトルを頻繁に変えることもページの評価を下げる可能性があるので、変更をする場合はここぞというタイミングでするようにしましょう。

まとめ

ページタイトルは、webサイトの「看板」のようなもので、ユーザーと検索サービスに対して、ページ内容を端的に伝えるもので、サイトにとっての重要なキーワードを含めつつ28文字程度に収め、各ページごとに変更するのが好ましい。
ページタイトルの変更の際は検索結果の反映までには数日から一週間ほどかかる。

検索結果に表示される文字は完全にはコントロールは出来ませんが、ポイントを押さえることでユーザーに伝えたい内容を表示できるようになります。企業の認知度を広めたい、サービスを多くの人に知ってもらいたい、といった方は一度ページのタイトルを見直してみるのもいいかもしれません。

アドコミでは、webサイト制作の際はページタイトルをはじめ、seo対策にも配慮したサイト構築のご提案をさせていただいております。新規サイトの立ち上げ、サイトリニューアルの際は是非お声がけいただければと思います。

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。