BLOG

インバウンド対策

2017.12.12

韓国にリスティング広告を出そう ーNAVER(ネイバー)編ー

こんにちは。アシスタントの西口です。
前回は中国向けのリスティング広告ということで、百度(バイドゥ)について書きましたが、その後無性に旅に出たくなり実際に中国に行ってみました。そして、旅行中何度も百度地図アプリに助けられ、すっかり百度信者になって帰ってました(笑)
他にも、様々なコンテンツを目撃したので、また追って調べていきたいと思います。

さて、今回はお隣の国、韓国で絶大なシェアを誇る「NAVER」にリスティング広告を掲出する方法を調べてみました。

今回のテーマ:NAVER(ネイバー)にリスティング広告を出す。

目次
・NAVER(ネイバー)って何?
・NAVER(ネイバー)の検索広告「クリックチョイス」について
・広告を出す前に。
・広告を出してみる。

NAVER(ネイバー)って何?

まず初めに「NAVER」とは何ぞや、というお話ですが、韓国で初めて独自の検索エンジンを開発した、最大手のインターネット検索ポータルサイトです。韓国語表記は「네이버」。イメージ的にはYahoo!のような感じです。

Wikipediaによると

韓国国内では、検索回数で77%(2010年現在)でGoogleやYahooといった他社を圧倒するシェアを有する検索サイトである[3](Yahoo! Koreaは、2012年12月31日でサービス終了)。また、2007年12月の調査では世界でも2.4%のシェアを有して5位に位置していた[4]。

2010年には、ネイバージャパンの母体であるNHN Japanが日本のポータルサイトであるライブドアを70億円で買収し、韓国国内や日本のIT業界で話題になり、その経緯でライブドアの検索エンジンがGoogleからNAVERへと切り替わった。NAVERという名前は、英語の「Navigate(「航海する」の意)」と、英語の「-er(「…する人」の意)」を合わせて作られたものである。発音上は、英語の「Neighbor(「隣人」の意)」にかけてある[5]。ブランドカラーは、ライムグリーン。検索ロボット(クローラー)の名称は、「Yetibot(イエティボット)」[6]。

引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

とにかく、韓国では検索といえばNAVERというぐらいで、国内の検索シェア70%越えのポータルサイトです。(私自身も最近よく調べものに使うのですが、Webサイトの検索だけでなく、お店や美容院の予約、映画のチケット購入などもできるので、生活するのにコレさえあればOKという感じの便利さです。)
そして、韓国は前回取り上げた中国などと同じくgoogleが検索市場を占有できていない国の1つなのです。
韓国での検索エンジン市場

NAVER(ネイバー)の検索広告「クリックチョイス」について

NAVERの検索広告は「クリックチョイス」という名称ですが、このクリックチョイスの表示画面がyahooやgoogleと違って独特なのです。
なんと、検索結果の上位がすべてリスティング広告の領域で、その下に「知識IN」というyahoo!知恵袋のようなコンテンツの検索結果、さらにショッピング、ニュース、画像検索等々があって、最後にWEBサイトの検索結果が出てくる、という仕様です。
NAVER検索画面

この仕様の為、SEO対策に力を入れるよりも、クリックチョイスに出稿する方が、より多くのユーザーの目に留まる確率が高い、ということが言えます。

広告文は、タイトル15文字以内・紹介文45文字以内という構成。キーワードのマッチタイプは完全一致のみ(部分一致オプションはなし)でスペースは区別しません。
ターゲティングは全配信・韓国内のみ・韓国外のみの3択とのこと。
そして、ランディングページは韓国語か英語であることが条件だそうです。
結構シンプルなんだなぁ、という印象を受けました。
NAVERクリックチョイスの仕様

広告を出す前に。

 さて、じゃあ広告を出してみようか、となったらどんな手続きが必要なのか。
まず、日本国内の法人の場合はアカウント開設依頼書・法人登記の写しが必要とのこと。(個人で出稿の場合は身分証明書が必要)
これらの書類をNAVER ClickChoiceの日本公式代理店へPDFにて提出、その後サイト審査、コンバージョンタグ設置案内などを経て、掲載開始というフローになっています。
NAVER広告掲載までのフロー
思ったよりシンプル、そして簡単そうな予感。。

広告を出してみる。

 めでたく審査が通れば、掲出開始です。
そこで、また言葉の壁が立ちはだかるのですが、管理画面等はすべて韓国語です。
前回の百度(バイドゥ)の中国語は絶望的でしたが、韓国語なら多少は何とかなるので、今回は問題なさそう!
ちなみに管理画面はこんな感じだそうです。
NAVERクリックチョイス 管理画面

上の方に見えるタブは左から기본정보(基本情報)、성과정보(成果情報)、문안정보(文案情報※広告文の表示)、My탭(マイページ)、보고서(報告書)となっています。

 しかし!やっぱりそう易々とはいかないようで・・・入金をしないことには広告が出せないわけですが、海外クレジットカードもしくは代理店を通じた現金送金をしなければいけないとのこと。
なんか面倒くさそうな雰囲気(-.-;)
ともかく、送金のハードルさえ超えれば私でも出来るのでは?と思いました。

※どうやらお金さえ払えばすべてお任せで、韓国語が分からなくても全部やってくれる「お任せコース」なるものが正規代理店のメニューにある模様。(管理画面は見せてもらえないようです)

まとめ

・NAVERは韓国最大の検索ポータルサイト
・リスティング広告は検索画面のトップに表示される
・キーワードは完全一致のみ、エリアターゲティングは3択。
・管理画面はすべて韓国語(お任せコースを利用すれば、韓国語ができなくても大丈夫)

ぜひ、韓国へのインバウンド対策をご検討の方は弊社にご相談ください!→お問い合わせはこちら

参考サイト:https://naver-search-ad.ryogeisya.co.jp/

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。