BLOG

不動産広告

2020.06.26

街頭配布はやり方次第で、結果が出やすいです!

こんにちは。営業の小松原です。
今回はほとんどの方が今までに一回は見た事がある、
街頭配布(街頭サンプリング)についてお話したいと思います。

街頭配布(街頭サンプリング)とは?

今更説明がいるかは分かりませんが、
街頭配布(街頭サンプリング)はティッシュに名入れをしたものや、
チラシを配ることなどで、企業の商品やサービスをPRする手法です。

しかし街頭配布(街頭サンプリング)などの経験がない企業様は、
どんなところ・どんなものを街頭配布すれば、効率的にPRできるのか分からないことも多いと思います。

商品やサービスをPRしたいターゲット層によって配布をする場所や時間は大きく変わります。
そこで私が過去実施致しました参考例を記載致します。

➀駅から徒歩5分程の場所に建った分譲マンションのPR

ターゲット層:30代~50代の主婦 物件近くにスーパーがいくつかあり

こちらの案件は駅から徒歩5分圏内に建った分譲マンションで、
マンションの近辺にはスーパーが多く、メインターゲットである主婦層を狙うため、
駅付近で配布をするだけではなく、時間帯に合わせてスーパーの前に移動し配布をしました。
具体的には、
1.朝の通勤時間帯 駅前
2.お昼と夕方の買物時間帯の2回 スーパー前(休憩を挟みつつ実施)
3.夜の通勤時間帯 駅前
といった流れです。

よく行われるのは1.3での組み合わせパターンですが、
今回のような主婦の方をメインターゲットにしている場合は
時間帯が不向きなため、買い物に行かれる時間帯も狙って実施をしました。

②新規オープンをしたカプセルホテルのPR

ターゲット層:20代~50代の男性

こちらは男性専用のカプセルホテルのPRをするために
仕事終わりのピンポイントの時間を狙って駅前でチラシの配布を行いました。
実施時間は、19時~22時の3時間です。時間自体は短いですが、配布よりも現地に直接連れていく事を目的としました。

駅前でチラシを配布しながら案内コールを行う方法なのですが、
夜でチラシが見にくい事からLEDライトをつけたホテルのPR看板を別途準備し、
目立つように置いていました。結果、その場でホテルの詳細を聞いて下さる方が多く、
当日に現地までそのままご案内をさせて頂いたという結果が出ました。

上記の2つのパターンのように単にチラシを配るだけでなく、
ターゲット層に合わせて実施の時間帯や実施方法などを
細かく設定する事によって結果も変わってきます。

アドコミは企画~配布物の制作、現場の監督まで全てご提案、実施を致します。
低コストで実施可能、高い反響率のある街頭配布のご依頼はアドコミまで!

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。