BLOG

WEB広告

2021.10.25

今更聞けない、カルーセル広告とは?

こんにちは。SP事業部の田代です。
WEB広告の依頼を頂く上で、
・カルーセル広告って成果が出やすいの?
・普通の画像広告と比べて単価は?
などよくご質問をいただきます。
今回は最近WEB広告で良く見かけるカルーセル広告についてまとめます。

⽬次

そもそもカルーセル広告とは?

カルーセル広告は、1つの広告に対し複数の画像(2枚~10枚)や動画を横並びに表示できる広告フォーマットです。
ユーザーはスマホであればスワイプ、PCなら左右の矢印をクリックすることでそれぞれの画像や動画を確認できます。


画像引用元:カルーセル広告の7つの活用法 | Facebook for Business

カルーセル広告のメリットは?

カルーセル広告のメリットは、他の広告フォーマットに比べて一つの広告でより多くの情報をユーザーに伝えられることです。
ただ、通常の広告フォーマットに比べて自由度が高いので、使い方が分かりにくいという面もあります。
なので、カルーセル広告の事例についていくつか記載します。

カルーセル広告の事例

・色んな商品、サービスを掲載する
カルーセル広告は、元々は1つの広告で複数の商品を宣伝できるように開発されたものです。
台湾向けのレディースファッション通販サイトBAI*白媽媽の課題は、自社ウェブサイトへのトラフィックを増やすことでした。
そこでカルーセル広告を商品カタログ風に仕立て、Facebook上の若い女性たちに向けて発信しました。
その結果、トラフィックと売上がどちらも劇的に増加し、広告費回収率は2.5倍を超えました。
単一画像のリンク広告と比べると3倍のクリックがあり、クリック単価は30%、顧客獲得単価は10%下げることができました。


画像引用元:カルーセル広告の7つの活用法 | Facebook for Business

・一つの商品、サービスの詳細を掲載する
「うちは扱っている商品が1つしかないから、カルーセル広告を使う意味がない」というお客様もいらっしゃいますが、
下のTieks by Gavrieliの広告をご覧ください。唯一の商品である女性用フラットシューズを、複数の画像を並べることで効果的にアピールしています。
画像ごとに商品の特長を紹介しているだけでなく、ピンチ操作でズームするという、モバイルでの操作を模した見せ方がおもしろいと思いませんか?
私は思わず、自分の指を重ねてズームしたり、次の画像へとスワイプしたくなってしまいました。


画像引用元:カルーセル広告の7つの活用法 | Facebook for Business

・商品の使い方、手順を説明する
商品によっては、言葉で説明するよりも実際に使っているところを見せたほうが魅力が伝わりやすい場合があります。
例えばTyme Hairというメーカーは、1台でカールとストレートの両方をこなせる自社のヘアアイロンを、実際に使っている様子を見せたいと考えました。
そこでカルーセル形式のリンク広告を利用し、自社製品を使えば3ステップで綺麗なカールを作れることを、1ステップ1枚、計3枚の画像で示しました。


画像引用元: カルーセル広告の7つの活用法 | Facebook for Business

上記の内容を不動産事業に当てはめると、
・物件の特徴をまとめて掲載(駅分数、周辺環境、アクセスなど)
・物件の色んな間取り図を掲載
・実際に購入してくれたお客様の声を掲載

このように物件のメリットや特徴など、
たくさんの情報を1つの広告でユーザーに伝える事が出来ます。

カルーセル広告を使用出来る媒体

カルーセル広告が使用できる媒体ですが、
現在世の中で利用されている多くの媒体で用意されています。

・Google広告
・Yahoo広告
・フェイスブック広告
・Twitter広告
・LINE広告

まとめ

カルーセル広告は商品やサービスを売り込む上で非常に効果的なフォーマットではありますが、
普段のディスプレイ広告とはフォーマットが全く違うため、場合によっては成果が悪くなる可能性があります。

そのため、カルーセル広告を実施する際はディスプレイ広告と併用して実施し、
しっかりと効果測定をすることをオススメ致します!
その上で商品やサービスによって広告の使い分けをすることが出来れば、
費用対効果も上がり、より良い広告運用が出来るようになります。

WEB広告を効果的に使いたい!そもそもこれからWEB広告を実施していきたいが何をしたらいいか分からない!
というお考えをお持ちの会社様は是非アドコミにご依頼ください!
お問い合わせはこちらから!

Twitter・Facebookでもブログ更新情報+αを配信中!フォローお願いします!


インスタもやってます。こちらもぜひ!
Instagram

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

お問い合わせCONTACT

お見積もりのご依頼やご質問等、お気軽にどうぞ。