リモートワーク

2018.11.05

【WEBデザイナー】リモートワークはじめました。

こんにちは。webデザイナーの小川です。もとい、アドコミリモートワーカー第一号の小川です!
今回は少し個人的な話になってしまう部分もありますが、リモートワーカーになった経緯と現状を簡単にお話します。

勤務形態の変更

先日より私の勤務形態が変更になりました。
というのも、個人的な事情により遠方に引っ越すことになり、一度は退職も考えていましたが、「在宅勤務でやってみないか?」と声をかけていただきました。
自分が在宅でやっていけるのか不安が大きく、一度は断ってしまったものの、再度声をかけていただき、これは期待に応えるしかないと思いリモートワークに挑戦してみることにしました。
アドコミでも働き方改革・ダイバーシティ推進の観点からいろいろな勤務形態でお仕事を続けられるように人事制度を整えようとしている真っ最中で、タイミングよくリモートワーカーの第一号として私に声がかかったというわけです!

開始から約二週間

10月22日からのスタートで実質二週間も経っていませんが、通勤時間がないというのはなかなか楽でいいですね。
会社勤務の時には朝会社に向かう時、仕事が終わり自宅へ戻る時の合計2時間と少しの間、電車に揺られ通っていましたが、今では朝起きて時間になればデスクに向かって仕事!ということが可能になりました。
朝の身支度の時間が不要になり個人的にはすごく助かっております。
反面、在宅勤務が決まる前にメリット・デメリットを調べていく中で、「在宅勤務(リモートワーク・テレワーク)は運動不足になりがち」という記事をよく見かけました。
もともと通勤でしか体を動かしていなかったようなものなので、これを機に積極的に運動をしてみようかと思っています。

リモートワークの仕事

リモートワークのいいところは、自分の裁量で仕事を進められるところがあります。休憩をいつ取っても大丈夫。なんなら「今日は休み!」ということも可能です。しかし、それらには仕事の納期をしっかり守るという大前提があります。
そのためには仕事のon/offは自分の中でしっかりとつけなければいけないので、その辺りはしっかりと意識して取り組もうと思っています。
まずは仕事環境をしっかりと整えることからですが…。やはり、椅子が違うと作業効率は落ちるんだなと実感しています。

webデザイナーという仕事は比較的、リモートワークを行いやすい職種ではあるとは思いますが、どうしてもクライアント様との折衝は社内の人間に頼らざるを得ないところがあります。
とはいえ個人的にはもともと直接お会いしてやりとすることは余りありませんでしたが、お電話でやりとりをさせていただいているクライアント様は数社あります。そういったクライアント様は直接個人宛てにお電話をいただいたり、社内の人間に間に入ってもらったりしつつ対応をさせていただいています。社内の人間とのやりとりも基本的には文面でしっかりと残るようにとツールを使いながらや、文章だけでは伝わりにくいところや細かいところは電話で話しをして進めています。
また、アドコミでは月に一度だけ出社日というものを設け、その際に業務の状況や近況の報告など直接顔を突き合わせてコミュニケーションを取る場を作っていただいています。

これから日が経つにつれ、様々な変化もあるかと思いますが、柔軟に受け入れつつ双方にとってよりよい環境へと変わっていければと思っています。
まだまだ手探りなところはありますが、リモートワーカーの第一号!次に繋げられるよう頑張っていきます。また、今後もリモートワークについての状況などをこの場を借りて報告できればと思っています。

また、会社勤務の最終日には「壮行会」なるものを開いていただきました。

代表の中原をはじめ、アドコミ社員の皆様には、ただただ感謝です。ありがとうございました。

なお2018年10月現在、アドコミでは新たな人材を募集中です。興味を持たれた方は是非ご応募ください。
社員一同お待ちしています。
詳細はこちらよりご確認ください

アイコン最近の記事

アイコンサイト内検索

アイコン関連タグ

  • CONTACT

    CONTACT
  • 見積もりのご依頼やご質問等、
    お気軽にどうぞ。

    MAIL

    メールでのご相談はコチラ

    TEL

    お電話でのご相談はコチラ

    • facebook
    • twitter
    • instagram